メインビジュアル
エアコン洗浄の必要性

一般的に、一定期間使用したエアコンの内部には、カビや埃や油などが付着しています。エアコン内部が汚れていることによって、能力の低下・電気消費量の増加・故障の原因といった、さまざまな悪影響を及ぼします。
また、内部に蓄積されたカビや雑菌が、出てくる風によって飛散し、体内に入ると、アレルギーや喘息を引き起こす原因となり、健康に悪影響を及ぼします。
上記のことから、定期的なエアコン洗浄は絶大な効果をもたらすものと考えられます。

エアコン洗浄のメリット

1. 省エネ効果

ファンに付着した汚れを除去すると、モーターなどの電動部に掛かる負担が減少します。
また、フィルターや熱交換器の汚れを除去すると、熱交換率が向上します。今までよりも風量が増し、設定温度も1℃・2℃高めに設定しても今までと同等の快適さを実現できます。

2. 寿命延長

負担が掛かるほど電装部に悪影響を及ぼします。負荷を減らせば、当然寿命も延びます。また、水漏れや異音等のトラブルを未然に防げます。

3. 清潔な空間

カビや雑菌を除去することにより、悪臭を減らします。運転し始めの嫌なにおいを除去し、クリーンな風を送ります。


最近では、空気に対する注目が高まっているのが事実です。お客様ご自身でも、空気洗浄機を設置したり定期的なエアコンクリーニングを依頼されたりと関心は高いようです。ホテル・旅館様におきましては、客室や共用部のエアコンに対する臭い等でのお客さまからのご注文も増えてきていると伺っております。過ごしやすく、衛生的な環境の構築に貢献出来る分野だと考えております。

エアコン洗浄方法

エアコンの洗浄方法は様々ございます。その中でも、スチームクリーナーによる洗浄を行う業者と、高圧洗浄機を使用して洗浄を行う業者、この2つに大きく分けると分類されます。

スチームクリーナーによる洗浄

見た目は綺麗になりますが、表面のみで重要な内部までしっかりとした洗浄は行えません。勿論、表面しか洗浄出来ませんので、臭いやドレン(排水管)詰まりの解消はできません。しかしながら、分解できるパーツ全てを分解せずとも洗浄できますので、洗浄する側はリスクも少なく、また少ない知識でも短時間で施工する事が出来ます。

高圧洗浄機による洗浄

外せるパーツをすべて外してしまえば、隅々まで綺麗に洗う事が出来ます。勿論、メーカー様の洗浄方法もこの方法で行っておりますが、しっかりとした知識がなければ、この方法で実施することはできません。また業者様によっては、すべて分解せずに低圧で汚れを流している事もございます。

弊社における洗浄方法

弊社では、メーカー様と同一の方法で洗浄作業を行っております。エアコン洗浄のメリットは、見た目を綺麗にすることではございません。省エネ、寿命延長、清潔な空間といった洗浄におけるメリットを最大限にする為にはメーカー様と同様に施工を行わなければ全く意味がありません。「外せるものは全て外して施工すること」、これが洗浄におけるメリットを最大限に引き出す洗浄方法なのです。作業内容に関しては、洗浄作業方法の資料通りに行います。メーカー様他、同等の施工を行っている業者様と比べて頂ければ、間違えなく低価格であると自信も持ってお勧めできます。

洗浄作業の流れ

作業前準備

1. 作業を行う周辺をポリシートにより養生します。 2. 作業前の風速、温度の確認を行います。 3. ブレーカーを落とします。

分解作業

1. 基盤の配線を外します。 2. 基盤を取り外します。 3. ドレンバンを取り外します。
4. ファンローターを取り外します。 5. ドレンポンプを取り外します。 6. ファンモーターを取り外します。

洗浄作業

1. 蓄圧式ポンプにて薬剤をかけます。 2. 高圧洗浄機により洗浄します。 ※内部高圧洗浄中
※洗浄の汚水 3. 取り外したパーツに蓄圧式ポンプにて薬剤をかけ、高圧洗浄機を使用して洗浄を行います。 ※ドレンの排水確認を行います。
(場合によりバキュームでの吸い込みを行います。)

最終確認

1. ブレーカーを入れます。 2. 試運転を行い運転確認を行います。 3. 作業後の風速、温度の確認を行います。

洗浄作業終了

比べてください!!
洗浄前
全体 洗浄前 グリル・フィルター 洗浄前 ファン・ドレンバン 洗浄前 熱交換器 洗浄前
洗浄後
全体 洗浄後 グリル・フィルター 洗浄後 ファン・ドレンバン 洗浄後 熱交換器 洗浄後